« センター試験 敵は不況と新型インフル(産経新聞) | トップページ | 「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞) »

2010年1月21日 (木)

<雑記帳>大隈重信が記念貨幣に(毎日新聞)

 都道府県ごとのデザイン硬貨が作られている地方自治法60周年の記念貨幣に、“佐賀県代表”として早稲田大の創設者で元首相の大隈重信が決まった。

 大隈は1871(明治4)年の通貨制度改革を推進。新単位「円」の導入にあたって硬貨の形を四角から円形に変えるよう提案し、「円を作った男」としても知られる。

 記念貨幣は500円と1000円で、今年秋に発行予定。約140年ぶりに帰ってくる明治時代の「ミスター円」だが、その目に映る日本経済は円満といきますか……。【上田泰嗣】

【関連ニュース】
ガバナンス・国を動かす:政と官・120年の攻防 清水唯一朗・慶応大専任講師の談話
生徒になって /岡山

センター試験 あすスタート(産経新聞)
「日本の裏社会は…」阿久根市長また問題ブログ(読売新聞)
カジノ構想「興味ある」=沖縄知事(時事通信)
センバツ 行進曲はSuperflyのバラード(毎日新聞)
ほかの信者も「治療」に参加=医療放棄の長男殺害−福岡県警(時事通信)

« センター試験 敵は不況と新型インフル(産経新聞) | トップページ | 「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311193/33065978

この記事へのトラックバック一覧です: <雑記帳>大隈重信が記念貨幣に(毎日新聞):

« センター試験 敵は不況と新型インフル(産経新聞) | トップページ | 「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞) »